WiMAX デメリット

WiMAXは良いことばかりではない

 

WiMAXは無線で利用するインターネット回線のことです。
つまり、固定回線のように有線でつながっていないので外部環境の影響を受けやすいんです。たとえば、

  • 基地局からの距離
  • 障害物の有無
  • 移動先がエリア内かどうか

などがあります。

 

WiMAXの基地局から遠ければその分速度が下がります。基地局から電波が発信されていますが、障害物があれば速度は低下します。特にコンクリートは電波が反射しますのでビルやデパートなどはインターネットの回線が届きにくい症状が確認されています。

 

雨も障害物のひとつですね。雨が降ると邪魔者が増えますので通信速度が下がります。ですので、同様の障害物である雪も天敵と言えます。雪のよく降る地域はあまりWiMAXに適しているとはいえないかもしれません。

 

さらに、移動先でWiMAXのエリア外であれば当然電波はつながりません。つまり、現在地ではWiMAXでインターネットができたとしても移動先でインターネットができない場合があるということです。

 

トップページへ戻る

WiMAXのデメリットはしっかり知っておくべし関連ページ

新しくなったWiMAXのここがいい
WiMAXが新しくなり、WiMAX2と呼ばれるようになりました WiMAX2+のどこが良くなったのか見ていきましょう 従来のものに比べて速度がアップしたのが最大の特徴です
wimaxを使用して思うこと